「花壇づくり事業」の展開


西東京花の会は、「市民が植える花を自分たちで決めて植えつけ、管理する市民参加の花壇づくりをし、行政は種苗や資材類の現物支援をする」という西東京市との協働のシステムにより花壇づくりの活動をしています。さらに平成15年からは、「育苗センター」を設置し、公共花壇に植栽する花苗を共同生産して供給する活動を始めました。

 

① 花壇花苗の共同生産

  育苗センター」で、会員自らの手で、最新技術も積極的に取り入れながら、花壇に植栽する年間約2万株の花苗を育て、供給しています。当会の花苗の生産は、①花苗を種子から育苗する、②市内公園の落葉を回収して腐葉土をつくり、育苗用土や公園花壇の肥料として利用する、③育苗用土を独自改良してつくる、④苗ポットを回収・再利用するなど環境美化とコストダウンを図ること等を特徴としています。 

 

 

② 花壇のデザイン・植え付け・管理

   西東京市内の公園や駅前広場等の公共用地の花壇、40カ所に基本的に春・秋2回自らのデザインに基づき花を植栽し、花壇の維持管理をしています。西東京市の「公園管理協力会員」として、全会員で各花壇を分担し、それぞれのグループで年間を通じて日常的な花壇管理をしています。

 

 

当会が管理運営している花壇は、「花壇の紹介」ページで詳しく案内しています。

主な花壇

・西東京いこいの森公園

・東伏見駅北口広場

・保谷庁舎前広場

 

【公園管理協力会員】とは

市内の市立公園などを対象に、公園の維持管理や運営に、自主的に参加するボランティアの市民及び団体(西東京市Webより)