平成26年10月以前の活動実績



「新育苗センター」が完成、下保谷でオープン

 10年にわたり使用していました栄町の育苗センターは、2013年11月の閉鎖に伴い、約一年間の長きに亘り育苗に関する活動ができずにいましたが、待ちに待った新センターが2014年9月に下保谷5丁目に完成しました。花いっぱい運動の「花苗の生産拠点」として、新天地で再びできるようになりました。西東京市みどり公園課の関係者ののご支援に感謝申し上げます。



「西東京花の会」第11回定期総会の模様(平成26年度) 

 

  2014年4月27日(日)午前10時から、西東京市いこいの森公園セミナー室において

第11回定期総会が開催されました。会員123名中、委任状含め103名の出席で以下の議案について審議が行われ、原案どおり議決承認されました。ご来賓として、西東京市みどり公園課から高井課長のご臨席をいただきました。

 第一号議案: 平成25年度 活動の総括

 第二号議案: 平成25年度 決算報告

 第三号議案: 平成26年度 活動方針

 第四号議案: 平成26年度 収支予算 

総会の審議事案が終了後、理事会の総意に基づき、「花いっぱい運動」発展のために尽力された功績で今回は中島清光さん、丸末智子さん、和田和子さん(育雄氏代理出席)が小山田理事長から表彰されました。



新理事長に小山田勇治氏、副理事長に馬場正司氏 就任  

2014年1月11日

 関野徳雄氏の逝去に伴い、定款第2条の事務所の移転並びに第5条のオープンガーデン事業について、2013年12月8日(日)に臨時総会を開催し、承認可決されました。また、総会後の理事会において、新理事長に小山田勇治氏、副理事長に馬場正司氏が選出されました。


第7回花を愛でる「研修バス旅行」を実施

 2014年5月13日(火)に例年より多い49名の参加を得て、楽しい一日を過ごすことができました。道の駅「おおつの里」では、ストレッチアとナデシコ、スターチアが満開で、「浜焼き市場きよっぱち」では魚介類のバーベキューの食べ放題などを堪能しました。



「花いっぱい運動 ガーデナー養成講座」を開催

楽しみながら花を育てるための技術・知識を学びたい方を対象に養成講座を開催しました。

平成25年9月~平成26年2月の毎月第3土曜日(全6回) 時間 午後1時30分~4時

次回の、講座開催については、ガーデナー養成講座のページをご覧ください。 

 



「バラ栽培実践教室」を開催

 バラ栽培の理論と技術を学びたい方を対象に実践教室を開催します。

 月日 平成25年9月~平成26年2月の毎月第2金曜日(全6回) 時間 午後1時30分~4時 

 詳しくは、バラ栽培実践教室のページをご覧ください。

バラ栽培実践教室の実技風景
バラ栽培実践教室の実技風景


「第20回全国花のまちづくりコンクール」入選を西東京市長に報告


 農林水産省・国土交通省が提唱する第20回全国花のまちづくりコンクールに「西東京花の会」が団体部門で入選しました。受賞率が5.9%の狭き門の中での受賞は、会員皆様の日頃の熱心な活動が認められた証です。授賞式は平成22年10月22日に都内で行われました。この受賞報告を12月8日に坂口西東京市長に行いました。



西東京オープンガーデンの二次募集分オーナー登録証贈呈式の模様

 当会の創立10周年記念事業であり、西東京市のNPO企画提案事業に応募し採用された「西東京オープンガーデン」2次募集で庭の公開を快諾していただいた7カ所のオープンガーデン公式ガイドブック追加分ができ上がりました。また、平成21年6月16日(火)には西東京市長代理として企画政策課代表(上竹主幹)が臨席され、「登録証」が出席の各オーナーに贈呈されました。


下保谷のすばらしい屋敷林のひとつ
下保谷のすばらしい屋敷林のひとつ

「オープンガーデン」庭主2次公募

 丹精こめて手入れしている個人の庭などを期間を定めて一般市民に公開するオープンガーデン。今回、オープンガーデンとして庭などを公開してくれる方を2次募集します。応募者の中から、西東京市とNPO法人西東京花の会が選定し登録します。(一般公開により周辺の家庭に迷惑となる恐れなどがある場合は、登録を見送らせていただく場合があります。)オープンガーデンについては、地図付き案内書を西東京花の会が作成し、一般に周知を図ります。

□対象:市内の個人宅や事業所内 ①庭や花壇 ②玄関、門、塀、壁面等建物や敷地の外周部を花とみどりで美しく整備した場所  ※敷地外から鑑賞できる場所の「公開」も可です。

◆公開期間:開花期限定、年中公開等相談に応じます。平成21年夏に一斉公開を予定。

◆公開までに登録となった場合、公開に向けた打ち合わせを行います。

□募集期間 2009年4月15日(水)~5月15日(金)までに郵送で申込(消印有効)

□問い合わせ先 NPO法人西東京花の会 小山田(042-467-4628) 西東京市役所企画政策課(042-460-9800)


◆申込受付状況:オーナー2次公募は、2009年5月15日(木)に申込を締め切りましたが、7件の申込がありました。自薦、他薦を含め会員各位のご協力に感謝します。


「大田区のNPO法人」が当会を視察!

 平成20年12月12日(金)、NPO法人「大田・花とみどりのまちづくり」から25名の方が、マイクロバスで当会の視察に訪れました。そして育苗センターのほか、文理台公園、いこいの森公園、谷戸せせらぎ公園の各花壇およびオープンガーデンの一部(鈴木設計事務所)などを見学しました。当会の事業内容を中心として、会の運営方法を含めて、幅広い視察をされました。


「花いっぱい運動」花壇整備を行っています

 西東京市HPで次の通り紹介されました。(2008年6月19日掲載)

 市では、市民の皆さんとの協働により、「花いっぱい運動」を展開しています。市が公園や広場等の公共用地に花壇を整備し、市民ボランティアの皆さんが花壇の植え込みを行っています。

 6月16日(月曜日)には、「いこいの森公園」の約9畳分の広さの花壇に約250株の花が植えられました。事前に決めておいたデザインどおりに花を植えていきます。作業は、西東京花の会のみなさんで手際よく進めていきますが、この花壇の完成までには、約2時間かかりました。

 別の日には、スポーツセンター前と保谷庁舎前広場の花壇の植え込みも行われました。また、栄町にある育苗センターでは、市内の花壇に植える花の苗も育てられています。ここも、市民のボランティアの皆さんにより運営されています。


芝久保バラ園のメディアでの紹介状況(2007年度以降)

 

FM西東京が番組「街角レポート」で「芝久保バラ園(芝久保第一児童遊園に隣接)」を紹介

 2007年5月15日(火)17:10からの街角レポートで、拡張されたバラ園のバラの様子等が実況中継で放送されました。現地に居合わせた西東京花の会会員にインタビューが行われ、「西東京花の会」の会員を中心とするバラ園を育てる会関係者の継続した維持管理によって花壇や公園がきれいに保たれていることなどが紹介されました。約20分間でしたが、この放送をあなたはご視聴になりましたか?


2007年5月 レポーターのインタビューを受ける芝久保バラ園G小山田班長と上松顧問(写真撮影:関)


週刊東興通信新聞が「芝久保バラ園」を紹介

 2007年5月30日付新聞(第2372号)1面で次の通り紹介されました。

<100本咲きそろう--「芝久保バラ園」-- NPO法人「西東京花の会」と有志市民が管理する「芝久保バラ園」(西東京市芝久保町2の21)でバラの花が見頃を迎えている。同園の開花は4年目。昨年敷地を拡張し、300㎡の中に約70種類、約100本のバラが植えられている。年3回開花するが、多くの品種が一斉に咲く5月から6月中旬かけてが最も見応えがあるとのこと。・・(後略)・・行き方 はなバス第4ルート「芝久保2丁目」下車→花小金井方面へ徒歩1分→クリーニング店角を左折→徒歩30秒→同園>とカラー写真入り記事で紹介されました。

「西東京花の会」のことが朝日新聞むさしの版で紹介! 

2007年2月

 朝日新聞朝刊に当会の紹介記事が掲載されました。

 タイトルは「花育て 街彩る」。

2007年(平成19年)2月9日(金)付 朝日新聞朝刊「むさしの」版 掲載記事から転載
2007年(平成19年)2月9日(金)付 朝日新聞朝刊「むさしの」版 掲載記事から転載


広報西東京が「芝久保バラ園」を紹介

 2007年2月1日号7面の「西東京注目いちばんvol.3」欄で次の通り紹介されました。

<美しいバラが咲きました「芝久保バラ園」>と題して、色鮮やかなバラの花々とその芳醇な香りを楽しめる「芝久保バラ園」では、今年も様々な色や大きさの花が美しく咲いています。このバラ園は、近くにお住まいの市民の皆さんとNPO法人西東京花の会「芝久保バラ園グループ」による手作りのバラ園です。初夏や秋にも咲く姿を楽しむことができます。お気軽にお立ち寄りください。・・後略・・>と紹介されました。


隔月刊「ほのぼのマイタウン」が特集で「芝久保バラ園」を紹介 

  2008年4/5月号(VOL.131)「春らんまん 花巡り、花愛で散歩はいかが!」特集欄で次の通り紹介されました。

<市民の手作り、見事なバラ 芝久保バラ園(西東京市)>・・前略・・園内には128品種ものバラが植えられています。四季咲きのハイブリッドティー系、フロリバンダ系、香りのいいオールドローズが周囲を飾り、フェンス側には修景バラ、中央の芝生にはポール仕立てや垂れ下がる傘のようなウィーピング仕立てにして工夫してあります。・・中略・・市民に大切に育てられ、守られてきたバラ園。バラ好きの方、必見ですよ。

 


「はなみずき公園」のバラ園のことが書籍で紹介されました!      2005年9月10日

 山と渓谷社の「新・花の東京散歩」の140ページにはなみずき公園のバラのことが紹介されています。

機会がありましたら、図書館等でご覧になってください。(はなみずき公園班長)


新・花の東京散歩 36コース(ハナノトウキョウサンポ 36コース)

J GUIDE散歩シリーズ

山下 喜一郎 (ヤマシタ キイチロウ) 写真・文 東京都を「都心篇」「郊外篇」の2つのブロックに分け、合計で36コースを掲載。花の名所を巡る特選コースばかり、1コース4ページ平均で紹介。花の見頃に現地取材した最新情報と、プロカメラマンが撮り下ろした迫力ある写真で構成。地図もA5サイズの使いやすいものを採用。  (山と渓谷社のホームページ書籍紹介より)


コリウスの寄植え教室を開催しました。        2005年8月28日

 8月28日(日)10時~栄町の花卉育苗センターにおいてコリウスの寄植教室を開催しました。当花の会の川島講師の指導で、側面に6つのポケット穴をもつストロベリーポットにコリウスを植え込むユニークな寄植をつくりました。当日は好天にも恵まれ、一般市民の皆さん11人の参加を得て和やかな雰囲気のなかで講習が行なわれ、すばらしい見事な作品ができあがりました。